エコエネルギーが未来を変える!

家庭用太陽光発電のエコエネルギーは儲かるのか?

エネルギーの代替が囁かれる中、未だに原発に依存し続けようとする動きもあるようです。しかし家庭用太陽光発電など様々な方法が考えられる中で、どこまで低コストで、お得なのか一般的には良く分からないところもあります。太陽電池は太陽光の光を吸収することで電気に転換させるシステムだけど、半導体のシリコンが日に当たると発電する仕組みなっています。
そしてこのエコエネルギーは電力会社と同じように電力に返還させ家庭で使用できるようになっています。ところで家庭用太陽光発電は本当に儲かるのか?一定価格で買取ができる仕組みになっていますが、買い取り価格などは太陽光発電の発電能力や、電力会社との契約でかなり違いが出てくるようです。

電気の買取と設置について

そもそも住宅用ならば37円当たりで10kW未満になり、産業用なら32円となるようです。また10kW未満なら余剰電力で買取、それ以上なら全量買取となります。制度の違いとしては昼間に発電して使っていない電気を売り、全量買取なら作った電気全てを売ることになります。ということは昼間誰も居ないときの余剰電力買取がオススメになりますが、ただ言えることは沢山設置することが望ましいようです。
沢山設置するメリットは工事費用があまり変わらないことと、足場設置費用も変わらないことにあります。それと付属設備など、例えばリモコンなどの設備もあまり変わらないので、一度に沢山設置することは費用も抑えれて、何かと便利と言うことになります。